米倉涼子のドクターXでの高級腕時計の歴史!バレエコンクールでの実力は?

ドクターXシリーズで主演の米倉涼子さん、毎シリーズ高価な腕時計を身に着けていらっしゃるのですが、過去はどんなモデルだったのでしょうか、さかのぼってみていきましょう。

また、バレエのコンクールに出場した経験をお持ちなのですが、あまり知られてないようです。わざと隠してるのか、それほどでもないレベルなのでしょうか。調べてみました。

スポンサードリンク

ドクターXでの高級腕時計遍歴を紹介!

ドクターXというのはテレビ朝日の医療ドラマで、米倉涼子さんは主人公である外科医・大門未知子(だいもんみちこ)を演じているんですね。

能力は高くフリーランスの医師なんですが、「私、失敗しないので!」などといって危険な手術をクリアしていくんです。(現実だったら、誰か止めてほしい。)

その大門未知子の腕に光るのは、高級腕時計のカルティエ。確かにキャラクター的にお似合いのブランドですよね。

筆記体でcartierの文字がロゴなんですが、あなたも見かけたことがあるはず。カルティエは1847年、フランスのパリで創業されました。

1847年といえば、日本は江戸時代ですがその後20年で明治になっちゃうんです。ほんと江戸末期ですね。

1904年には、イギリス国王およびスペイン国王の御用達、次いで1905年には、ポルトガル国王の御用達となっているんです。3人もの国王に気に入られたってすごくないですか?

調べてみると、ドクターXが始まった2012年の1期から2017年の5期までずーっとカルティエなんですね。

ただ、各期ごとにモデルナンバーは変わっていますので、1期から紹介していきますね。

2012年ドクターX1期 cartier Ballon Bleu(カルティエ バロンブルー)36mm W6920046

丸いケースと文字盤の3時の場所が丸くくり抜かれており、そこにサファイヤをあしらったリュウズが収められています。

これが、バロンブルー。フランス語で「青い風船」という意味なんですね。英語だとバルーンですが、フランス語だとバロンの発音になるんですね。なかなか個性的です。

2013年ドクターX2期 cartier Tank Anglaise (カルティエ タンク アングレーズ) LM W5310006

ルイ・カルティエが、第一次世界大戦中に登場した戦車(タンク)からインスピレーションを得たと言われています。タンクなので長方形のケースとなっています。

当時の戦車(タンク)からカルティエの「タンク」への成り立ちを示した図 引用元:http://sundaylife.jp/cartier/tank

戦車は戦争の道具ですが、そんなところからも発想するなんて、さすが考えていることが違いますね。

アングレーズというのは、フランス語で「イギリスの」という意味なんです。2012年にロンドンオリンピックが開催された記念に誕生しました。

特徴は、ケース右側に縦長の隙間があり、そこにリュウズの台座部分(6角形)が収まっています。戦車の車輪を意味しているのかもしれませんね。ここは手で巻き上げを行う際に使うようです。

サファイヤをあしらったリュウズはケースから微妙にはみ出してはいますが、スッキリした印象です。あとケースの角も丸みを帯びていますね。

2014年ドクターX3期 cartier Tank Francaise (カルティエ タンクフランセーズ) WE110005

こちらもタンクなんですが、フランセーズといいます。ケースの角がカーブしており、ブレスレットと一体化させたモデルです。

この品番では、文字盤のインデックスはXIIを除いてダイヤモンドが埋め込まれています。

2016年ドクターX4期 cartier cle de cartier(カルティエ クレ ドゥ カルティエ) 31mm W2CL0004

縦長楕円のケースです。「クレ」はフランス語で鍵を意味しています。リュウズは青い部分とその台座に見える部分が一体化しています。

リュウズが縦長なので、引き出して時間の調整や巻き上げなどの操作がしやすそうですね。

2017年ドクターX5期 cartier Tank Francaise(カルティエ、タンクフランセーズ)W51007Q4

タンクフランセーズですが、この品番では文字盤のインデックスがローマ数字になっています。

以上5つをみてきましたが、高級な印象を持ちながらもさりげなく気品が漂っていますね。

お値段は高価ですが、年月がたっても色あせることなく、親から子、子から孫へと使い続けていけそうですね。

バレエコンクールでの実力は?

バレエってお金持ちの娘さんが、幼い頃から厳しい練習を何年も続けて一人前になるイメージがありますがどうなのでしょうか。

米倉さんは5歳から20歳までの15年間、クラシックバレエを習っていたそうです。本人いわく、プロのバレリーナになるのが夢だったそうです。

クラシックバレエというのは、「白鳥の湖」や「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」といえばテレビでチラッとみたことがあると思いますが、トゥ・シューズを履いて伝統的で厳格な振り付けで踊るバレエのことです。

小学3年からは、草刈民代さんを輩出した牧阿佐美(まきあさみ)バレヱ団へ通い始めます。その後AMスチューデンツに合格(AMはあさみ まきの略と思われます)。これはオーディションで、合格すると校長の牧阿佐美先生が直々に指導をされるそうです。

さらに、谷桃子バレエ団にも通ってコンクールにも出場しました。谷桃子さんは、日本バレエ界のパイオニアと言われる著名な方で、戦後間もない頃、バレエといえば谷桃子だったそうです。

そして肝心のコンクールでの受賞なんですが、見つけることができませんでした。

20歳でバレエをやめてしまったのは、19歳のときに友人が全日本国民的美少女コンテストに応募したきっかけでモデルを始めたため、忙しすぎて通えなくなってしまったらしいです。

モデルをしないでバレエをそのまま続けていたら、プロのバレリーナになられていたのでしょうね。でも、その美貌が注目を集めて、やっぱりタレントになっていたのかもしれませんね。

まとめ

ドクターXでの腕時計遍歴は

  • 2012年ドクターX1期 cartier Ballon Bleu(カルティエ バロンブルー)36mm W6920046
  • 2013年ドクターX2期 cartier Tank Anglaise (カルティエ タンク アングレーズ) LM W5310006
  • 2014年ドクターX3期 cartier Tank Francaise (カルティエ タンクフランセーズ) WE110005
  • 2016年ドクターX4期 cartier cle de cartier(カルティエ クレ ドゥ カルティエ) 31mm W2CL0004
  • 2017年ドクターX5期 cartier Tank Francaise(カルティエ、タンクフランセーズ)W51007Q4

6期があるとしたら、やっぱりカルティエになるのでしょうか。

宝石を散りばめたものとか革ベルトになることはなさそうで、ピンクゴールドとステンレスのベルトにシンプルな文字盤ってとこでしょうか。

バレエ歴は

  • 5歳から20歳までの15年間
  • 草刈民代さんを輩出した牧阿佐美バレヱ団へ通い、AMスチューデンツに合格、さらに谷桃子バレエ団にも通う。
  • コンクールの受賞については見つけられませんでした。

このAMスチューデンツ、よく調べてみると、かなり厳しくストイックな感じなのだとか。

このクラスに通っていたクラスメートの話では、米倉涼子さんは身長が高く大柄だけど、バレエは上手で華やかさがあったそうです。

売れだしたときに、バレエをやりこんでいた割にはウリにしないので、意外だったらしいですね。

「能ある鷹は爪を隠す」みたいなものでしょうか。ひけらかさないのはカッコイイですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする